日本脳炎予防接種について

日本脳炎について

予防接種 日本脳炎ウイルスの感染で起こります。ヒトから直接ではなくブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。7~10日の潜伏機関の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。
ヒトからヒトへの感染はありません。
 流行は西日本地域が中心になりますが、ウイルスは北海道など一部を除く日本全体に分布しています。飼育されているブタでの流行は毎年6月からはじまり10月まで続きますが、この間に80%以上のブタが感染しています。以前は小児、学童に発生していましたが、予防接種の普及などで減少し、最近では予防接種を受けていない高齢者を中心に患者が発生しています。
 感染者のうち100~1,000人に1人が脳炎を発症します。脳炎のほか髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかった時の死亡率は約20~40%ですが、神経の後遺症を残す人が多くいます。

乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンについて

 感想細胞培養日本脳炎ワクチンの添付文書によると、本剤の臨床試験において、163例中51.5%に副反応が認められ、その主なものは発熱(21.5%)、咳(8.0%)、注射部位腫脹(6.7%)、鼻漏(6.7%)、発疹(5.5%)であり、これらの副反応のほとんどは接種3日後までにみられたとされています。
 国内ではベロ細胞を用いて製造される初めての医薬品となること、海外では他の培養細胞ワクチンに置いてADEM発症例が報告されていること等から、本剤の使用に当たっては、重篤な副反応に関するデータの収集および評価を行うこととされており、今後も十分な注意が必要であると考えられています。

日本脳炎ワクチンの接種方法(通常の接種方法)

対象年齢 回数 標準年齢 接種間隔 接種量 方法
Ⅰ期初回
(生後6~90月未満)
2回 3歳 6~28日 3歳以上は毎回0.5ml
(3歳未満は0.25ml)
皮下
Ⅰ期追加
(生後6~90月未満)
1回 4歳
Ⅱ期
(9~13歳未満)
1回 9歳

★異なった種類のワクチンを受けるときの接種間隔→詳しくはこちらのページをご覧ください。

日本脳炎ワクチンは不活化ワクチンです。
接種した日の翌日から起算して、別の種類の予防接種を行う日までの間隔は、6日以上置きましょう。