BCGワクチン

BCGワクチンはどんな病気を予防するのでしょう?→ 結核を予防します。
結核とは?
 結核菌の感染で起こります。わが国の結核患者はかなり減少しましたが、まだ2万人を超える患者が毎年発生しているため、大人から子どもへ感染することも少なくありません。
結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことはできませんので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性があります。

illust1465_thumb
BCGワクチンの副反応
 接種後10日頃に接種部位に赤いポツポツができ、一部に小さいうみができることがあります。この反応は、接種後4週間頃に最も強くなりますが、その後は、かさぶたができて接種後3ヶ月までにはなおり、小さな傷あとが残るだけになります。これは異常反応ではなく、BCG接種により抵抗力(免疫)がついた証拠です。
包帯をしたり、バンソウコウをはったりしないで、そのまま普通に清潔を保ってください。自然になおります。ただし、接種後3ヶ月を過ぎても接種のあとがジクジクしているようなときは、医師にご相談ください。

BCGの接種方法
管針法といって、スタンプ方式で上腕の2ヶ所に強く押し付けて接種します。
接種部位は日陰でよく乾かしてから、下着に手を通しましょう(10分程度で乾きます)

接種間隔について
BCGは生ワクチンです。接種後4週間は、ほかの予防接種はできませんので、注意しましょう。
異なった種類のワクチンを受けるときの接種間隔については
こちらをご覧ください。