予防接種を受けに行く前に

予防接種を受けに行く前に

1.接種前の注意

1 通知書をよく読み、予防接種の必要性や副反応についてよく理解しましょう。
  わからないことは会場で接種医師に質問しましょう。
2 良好な健康状態で接種を受けさせてください。
  当日は朝から子どもの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認してください。
3 予診票は接種する医師への大切な情報です。必ず保護者が責任をもって記入してください。
4 接種を受ける子どもの日ごろの健康状態をよく知っている保護者の方が連れて行きましょう。
* 予防接種の効果や副反応などについて理解した上で、保護者が接種に同意した場合に限り、接種が行われます。
* 現在、病気等で通院治療中のお子さん及び気にかかることがあるお子さんは、必ず事前にかかりつけの医師によく相談してください。

2.予防接種を受けることができないお子さん

1 明らかに発熱のあるお子さん(通常37.5℃以上をいいます)
2 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
3 その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことのあるお子さん
  「アナフィラキシー」とは:通常接種30分以内に起こるひどいアレルギー反応。汗がたくさん出る、顔が急に腫れる、全身のひどいじんましん、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、ショック状態になるような激しい全身反応
4 予防接種を受けようとする病気にすでにかかったことがあるお子さん、または、現在かかっているお子さん
5 その他、予防接種を行うことが不適当な状態と、医師が判断した場合

3.予防接種を受ける前に注意を要するお子さん
 以下に該当すると思われる人は、かかりつけの医師に必ず前もって診てもらい、予防接種を受けてよいかどうか判断してもらいましょう。

1 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けているお子さん
2 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられたお子さん及び発疹、じんましんなどのアレルギーと思われる異常がみられたお子さん
3 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがあるお子さん
4 過去に免疫不全の診断がされているお子さん及び近親者に先天性免疫不全症の人がいるお子さん
5 ワクチンには培養に使う卵の成分や抗生物質、安定剤などが入っているものもありますので、これらにアレルギーがあると言われたことのあるお子さん

4.接種後の注意

1 予防接種を受けたあと30分間は、医療機関でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。(急な副反応はこの間に起こることがあります)
2 接種後4週間は副反応の出現に注意しましょう。
3 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。。
4 接種当日は、はげしい運動はさけましょう。
5 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。なお、医療機関を受診した場合、伊佐市健康増進課へも連絡してください。