予防接種について

 伊佐市 健康増進課 健康推進係 「予防接種と子どもの健康」より

予防接種を受けましょう

予防接種お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3カ月までに、麻しん(はしか)では生後12か月にはほとんどが自然に失われていきます。
そのため、この時期を過ぎますと、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。
その助けとなるのが予防接種です。
子どもは発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。
予防接種に対する正しい理解のもとで、お子さまの健康にお役立てください。

予防接種とは

はしかや百日せきのような感染症の原因となるウイルスや細菌、または菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを、予防接種といいます。

予防接種の詳細について

詳しくは以下のページをご覧ください。

予防接種の種類
BCG
ポリオワクチン
DPT(ジフテリア・百日ぜき・破傷風の三種混合)
小児細菌性髄膜炎予防接種(小児用肺炎球菌・Hib)
MRワクチン(麻しん・風しん)
日本脳炎

接種に当たっての注意事項
予防接種を受けに行く前に
予防接種の間隔

予防接種を実施している医療機関(広報いさ4月15日号より)